TOP
45.04score

Akamaru

スポンサー健康ネット

沖縄と言えばゴーヤー!

沖縄県民は長寿であることは統計的にわかっています。ガンや心臓病、糖尿病での死亡率が低いことから、それらに効果的な食物を常食しているのではないかと推測されます。

沖縄県民が元気で長寿なのは「ぬちぐすい」を食べているからと言われています。沖縄県民が「ぬちぐすい」と呼ぶ野草類にはポリフェノールなどの成分が本土で栽培されたものよりはるかに多く含まれていると言います。沖縄県産のゴーヤーは他県産のものよりSOD(抗活性酸素物質)活性値が多いのだそうです。沖縄の太陽の強い紫外線から種や実を守るために酸化防止物質が多くできるのだそうです。その「ぬちぐすい」の中でも最もポピュラーなのが「ゴーヤー」です。

「ゴーヤー」
ゴーヤーとは、苦瓜(にがうり)の事。夏の暑さ対策の緑のカーテンとして栽培されることもあります。独特の苦みを持つこの苦瓜(にがうり)は、ウリ科ツルレイシ属に属する淡色野菜に分類される一年草の植物です。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で夏の沖縄には欠かせない食材です。

以下のような栄養素が豊富に含まれています。

「ビタミンC」
ゴーヤーには非常に多くの「ビタミンC」が豊富に含まれています。通常の「ビタミンC」は熱に弱く壊れてしまうのですが、ゴーヤーの「ビタミンC」は熱に強く加熱調理をしても壊れません。ビタミンCは疲労回復や美肌効果が期待できます。

「モモルデシン」
独特の苦みを持つフラボノイド系の「モモルデシン」には、胃腸の粘膜を保護したり胃液の分泌を促す働きがあります。食欲増進で夏バテ防止になります。

「チャランチン」
「チャランチン」はインスリンと同じような働きをするため「植物インスリン」とも呼ばれています。
血糖値ヤコレステロール値を下げ、糖尿病の予防効果があります。

「ポリペプチドP」
「ポリペプチドP」という成分にはインシュリンと同じような効果があります。糖尿病の予防効果があります。

「コロコリン酸」
「コロコリン酸」は下がった血糖値を保ってくれます。糖尿病の予防効果があります。

「カリウム」
「カリウム」には血尿作用及びナトリウム排出作用により、血圧を下げげてくれます。

「リノレン酸」
「リノレン酸」は、アレルギー・アトピーに効果があります。

「カルシウム」
「カルシウム」は骨になります。骨粗鬆症の予防効果があります。

「調理方法」
ゴーヤーは豚肉との相性が良く、有名な料理に「ゴーヤーチャンプルー」があります。ゴーヤーチャンプルーはゴーヤーと豚肉、豆腐、卵などを油で炒め、塩・醤油で調味した沖縄料理です。豚肉はビタミンも豊富で、暑い季節には理想的な料理です。是非つくってみてください!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-06-30 15:12

コメント (0)