TOP
42.78score

Akamaru

スポンサーKataribe

「日焼け止め」を選ぶ目安とは

夏の日差しが肌を刺します。日焼け対策は万全でしょうか。

紫外線は、波長によって3つに分かれます。

UV-A:「ハリ・シワ・たるみなど(光老化)」を引き起こします。紫外線量の約95%を占めているといわれています。
UV-B:「日焼け(やけど)・シミなど表皮の炎症」を引き起こします。紫外線量の約5%を占めます。
UV-C:UV-B波よりより有害な紫外線です。オゾン層によって吸収され地上まで届くことがなかったのですが、近年のオゾン層破壊によって生まれた新たな脅威です。

- 日焼け止めを選ぶ目安・「PA」と「SPF」-

・UV-Aを防ぐ「PA」

PAは、Protection Grade of UVAの略で、主に真皮層に影響を与えるUV-Aをカットする働きがあります。効果の高さはPA+~PA++++の4段階に設定されています。UV-Aをカットする働きがあります。効果の高さは4段階に設定されています。
PA+:効果がある
PA++:かなり効果がある
PA+++:非常に効果がある
PA++++:極めて高い効果がある

・UV-Bを防ぐ「SPF」

SPFとはSun Protection Factorの頭文字を取ったもので、主に表皮に影響を与えるUV-Bをカットする働きがあり、最大値は、SPF50+となります。日焼けが始まる(肌が赤くなる)までの時間を何倍に伸ばせるかを表しています。例えばSPF20の日焼け止めの場合は、SPF20×20分=400分後まで日焼けを引き伸ばせるということです。

只これは、あくまで目安であり、効果はほとんど一緒なのだそうです。薬というのは強いものは当然、肌にも刺激が強いです。日常生活でしたら効果の薄い(刺激の少ない)日焼け止めをこまめに塗るのがベストです。ただ行楽や仕事など日差しの強い場所で行動するなどの場合は、その用途に合わせたものが良いです。帽子や長袖、手袋、日焼け防止のフェイスマスクなど併用しましょう。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-07-09 16:29

コメント (0)