TOP
44.27score

Akamaru

スポンサー健康ネット

摂取しておかなくちゃ!美容成分あれこれ

これだけは押さえておきたい基本の美容成分です。
日常にうまく取り入れていきましょう。

「イソフラボン」髪の張り、艶に効果
女性ホルモン(エストロゲン)に類似した作用です。肌の新陳代謝を即します。
大豆に多く含まれます。

「ヒアルロン酸」肌の張り・うるおいに効果
身体を生成するムコ多糖類の一種、保湿成分です。
軟骨、鰻に多く含まれます。

「コラーゲン」肌の張り、弾力に効果
皮膚は角質層と基底層からなる(表皮)、基底層を支える(真皮)に大別されます。真皮部分の約七割を占めるコラーゲンは網目のように張り巡らされています。肌の生成をします。
鶏の手羽、軟骨に多く含まれます。

「セラミド」肌の乾燥を防ぐ効果
細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつです。
ブロッコリー、こんにゃくに多く含まれます。

「パントテン酸」ニキビや肌荒れに効果。
かつてはビタミンB5とも呼ばれていました。糖代謝や脂肪酸代謝に重要な役割を担います。
卵、牛乳、納豆、レバーに多く含まれます。

「DL・アラニン」新陳代謝の増強、肌の潤いに効果
グリシンについで小さなアミノ酸で、ほとんどすべてのタンパク質に普遍的に存在します。
海老、貝に多く含まれます。

「ローヤルゼリー」美肌、美白効果
ミツバチの働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し分泌する物質で女王蜂に女王蜂に提供される女王蜂になる為の成分です。

「プラセンタ」シミ、そばかす、美白、細胞の活性化に効果
プラセンタとは胎盤を意味します。胎児の発育を担うすべての機能を備えた臓器であり、人間に必要な栄養素やビタミン、ミネラルなどすべて含まれています。
動物性の他に植物性のプラセンタもあります。
大豆、ライ麦などに多く含まれます。

「ビタミン類」美肌を作る助けになります。老化も防ぎます。
ビタミンA
大根の葉、鶏肉、豚肉、牛肉、鰻、あんこうの肝、レバー、ほうれん草に多く含まれています。
ビタミンB1
落花生、豚肉、玄米、鰻、にんにく、胡麻、大豆に多く含まれています。
ビタミンB2
卵、納豆、牛乳、ほうれん草、レバー、鰻、干しシイタケ、鯖に多く含まれています。
ビタミンC
大根の葉、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、キャベツ、サツマイモ、苺、カシス、キウイ、オレンジ、グレープフルーツ、いちごに多く含まれています。
ビタミンD
鮭やさんまに多く含まれています。
ビタミンE
あゆやはまち、アーモンドに多く含まれています。
ビタミンP
ミカンやレモンに多く含まれています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-07-08 13:11

コメント (0)